ドラッグストア(OTC)薬剤師の仕事の特徴

大変だけどやりがいも大きいドラッグストア薬剤師!

ドラッグストア(OTC)薬剤師の仕事の特徴



最近沢山見かけるドラッグストア。 こちらも薬剤師の求人が多くある職場です。 ドラッグストアの仕事の内容は薬の調剤や在庫の管理。 調剤薬局として、合わせて併設で営業しているかが ポイントになってきます。

調剤がある場合、ドラッグストアの業務に加えて、調剤の業務もあるため、収入はもちろん高くなります。 最近は調剤を導入しているドラッグストアは増えています。導入することで、総合的なヘルスケアのイメージが 出せるためです。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

収入は調剤薬局よりも高めの水準 年収で500~750万くらいの職場が多いです。 ドラッグストアの大きな特徴は 休日が少なめ、仕事の時間が長くなりやすい、 という点です。

量販店という性質上、 土日や年末年始も営業している店舗がほとんどです。 休日は週休2日取らせてもらえる所が 多いですが、土日の出勤は念頭に置いた方が よいかもしれません。

連休やGWや夏休みもあまりまとまった休日は 取れない可能性もあります。 また、民間企業のため、異動や転勤の可能性も 調剤薬局よりも高くなります。 転勤には、会社も配慮はしてくれる所は多いですが、 ドラッグストアは多くあるため、店舗の異動は よく聞く話です。

各地方での、その地域周辺で拡大している ドラッグストアであれば、あまり遠くへ 行かされる可能性は低くなるため、 安定を重視する方は、そういった所を狙うのも お勧めです。 また、頑張って大手ドラッグストアになれば、 その分年収は高くなります。

ドラッグストアの将来性ですが、 これからの高齢化もあり、さまざまな商品が置けるので、 今後も需要は多い職場だと思います。。 仕事の幅も、調剤薬局よりも多岐に渡る所が多いです。 仕事量は増えますが、年収にも反映されるので 努力し甲斐がある職場と言えると思います。

転職もスキルが身に着くので、 比較的転職しやすいです。 勤務時間や休日などの、収入面以外の待遇も 自分の希望に合うかをチェックすれば、 しっかり働ける職場ではないかと思います。
群馬県薬剤師会ホームページ

大学病院の薬剤師になる方法

病院薬剤師は非常に競争率の高い職場です。 そのため、薬剤師の中には、病院薬剤師を目指して日々努力している人もたくさんいるようです。

病院薬剤師として採用してもらうためには、どのような努力をすればいいのでしょうか。 そもそも、病院で働く薬剤師の数自体それほど多くないのですが、そこに応募者が殺到するわけなので、かなりの競争率になってしまいます。

また、病院で働いている薬剤師全てが外部からの採用というわけではありません。大学病院の中にある研究室から就職をしてくる人もいるわけなので、ただでさえ少ない募集人数が更に少なくなり、その残った枠を外部の人間で獲得しなければならないのです。

毎年どれくらいの人数を募集するかというのは、病院側の規模によっても変わってくるわけですが、10人以上の薬剤師を募集する病院は稀です。 こう考えると、病院への転職・就職がいかに厳しいかというのがわかると思います。

大学病院の薬剤師を目指すのであれば、研修生として仕事に触れたうえで就職を目指すという方法もあります。 研修生という扱いになってしまうと給料は出ないので、十分な貯金がある人でなければ難しいかもしれませんが、薬剤師の資格を取ったばかりの人でも研修生として採用してもらえる可能性があります。

どうしても働きたい大学病院があるという場合は、この方法がおすすめです。 その他の方法となると、コネを利用した方法が挙げられます。

しかし、大学病院に全くコネがないという人もいますよね。 この場合の転職はかなり難しいということを理解しておかなければなりません。

コネがない状態から大学病院への転職を考えるのであれば、転職支援サイトを活用しましょう。 残念ながら転職支援サイトを活用したとしても転職が確実とは言えないのが大学病院です。

一人で転職活動をした場合はほとんど不可能だと思ったほうがいいです。 転職支援サイトを活用しても転職活動が長期にわたってしまう可能性もあるので、その点は理解しておきましょう。

ペーパー薬剤師による薬剤師への転職

薬剤師の国家試験をパスし資格を取得しつつも、中には薬剤師として就職をしなかった 「ペーパー薬剤師」状態の方も大勢いらっしゃいます。

各々が抱える事情により、研究職や製薬会社、または全く関係のない業界で働いていた職歴を持つ ペーパー薬剤師の方には、その他の薬剤師とは異なる悩みがあります。

ペーパー薬剤師の皆様が薬剤師への転職を叶えようとした際、やはり気になるのはそのブランクでしょう。 薬剤師ではないにしろ、なんらかの形で医療に携わる職についていた場合であれば、 全く関係のない職業で活躍してこられた薬剤師に比べ業務に慣れるのも早いでしょう。

しかし、ペーパー薬剤師の方が皆さん医療関係で働いてきたわけではありませんよね。 いくら資格を持っているとはいえ、何年ものブランクを抱えながら薬剤師としてのスタートを切るとなれば 「はたして自分に務まるのだろうか?」という緊張や不安でイッパイになってしまうのではないでしょうか。

薬剤師という職業には、ほぼ年齢制限は存在していません。 何才であっても、またたとえ中途採用であっても、努力して取得した資格を活かして スタートを切る事が間違っているという事は全くないのです。

基本的に大切な事は、抽象的な表現になってしまいますが向上心とガッツではないでしょうか。 職場の雰囲気や業務を覚え、一日も早く信頼される薬剤師として活躍したい、という情熱は いくつになっても必要だと言えるでしょう。

また、実際に薬局での業務がはじまれば、おおよそ数ヶ月もすれば慣れてしまう事がほとんどだと言われています。 というのも、その薬局ごとによく処方されるお薬は、ある程度パターン化されているという理由があるのです。

風邪でこられた患者さん、また腹痛や頭の痛みなど・・、これらには定番の薬を処方される事がほとんどです。 良く出される薬について聞いておく事で、あらかじめ勉強をしておく事もいいでしょうし また、予習をしていなかったとしてもあまり心配は無いようですね。