40代薬剤師、転職を成功させるポイント

40代薬剤師が転職でアピールすべきポイントとは

40代薬剤師、転職を成功させるポイント

40代で薬剤師としての転職活動をする場合のポイントについてお伝えします。 40代での転職というのは薬剤師に限らず、どの業界であっても転職先を探すのが 難しくなってきます。

理由としてはやはり「年齢の高さ」 薬剤師として成熟する年齢になり、新しい職場で やっていけるかという面がシビアに問われる年齢です。 30代であればまだやり直せる年齢ですが、40代になると採用を控える企業も多くなってきます。 そのような状況の中、転職を考える際にポイントとなるのは「これまでの経験」です。

40代での転職を受け入れる企業は何を求めているのか、ズバリ即戦力です。 企業にとってよりプラスになる能力を持ち合わせていれば、転職を受け入れて 貰えるケースは多いです。 これまでの自分の薬剤師としてのキャリアを見直し、どのような貢献が出来るのかをしっかりと アピール出来るようにしておくことが大切です。

40代の薬剤師で転職の成功するパターンとしては一つは大手の企業から、中小企業への転職です。 やはり大手企業で仕事をしていた経験というのは中小企業からすると有難い存在です。 会社の規模は小さくなるかもしれませんが、役職は大手よりもランクが上になって受け入れられる事もあります。

収入面は必ずしもアップするとは限りませんが、あなたの能力をアピールしていきましょう。 もうひとつのパターンは比較的新しい職種に転職するパターンです。 治験コーディネーターやMRなど、最近需要が伸びていますが、まだ人数としては多くなく、 薬剤師のスキルを生かせる職種に就くのは転職が成功することもあります。

上のパターンよりは可能性は少し低めになりますが、こちらもやはりこれまでの経験が重要視されるため、40代までで培ってきたスキルが重宝される事もあります。 40代の転職の求人は正直そこまで多くはありません。

ある程度中期的に時間がかかることを予想しておく方が賢明です。 情報をこまめにチェックして、希望に沿う職を地道に探していきましょう。