薬剤師として在宅医療に関わる

在宅医療の需要はどんどん高まってくるでしょう!

薬剤師として在宅医療に関わる

薬剤師の仕事は基本的には企業や病院・薬局、 量販店などに入って仕事をするというスタイルが基本ですが、 薬剤師としての仕事の中でも、少し特殊な職種に 在宅医療での服薬指導という仕事があります。

近年は在宅医療という新しい医療のスタイルが 始まっており、病院に通うのが難しい患者さんに 患者さんの自宅まで訪問して、医療活動を行うという 方式が徐々に増えてきています。

薬剤師も在宅医療の一環として、 服薬指導の仕事が増えてきています。 患者さんの自宅に行って、薬を渡し、 服用の仕方をアドバイスするという仕事です。

言ってみれば、薬剤師の営業職と言っても 良いかもしれません。 薬剤師としての薬学の知識とは別に サービス業的な側面もあるため、 薬剤師として仕事をしながらも、 人と接するのが好きという方に 向いている職種だと思います。

直に患者さんと向き合って、感謝の言葉を 頂く事は世の中に貢献しているという実感を大きく 感じることができ、モチベーションにも繋がると思います。 また、在宅医療という新しい仕事の現場で 感じる事も多くあると思いますし、それは今後の スキルにも大きく繋がっていくでしょう。

今後日本は更に高齢化社会に入っていくと 言われており、この在宅医療のスタイルは 今後ますます発達していくと思われます。 ですので、いち早くこの在宅医療の一環としての 仕事に携われることは、その道の先駆者として スキルにも将来性が見込まれます。

在宅医療が今後広まっていく中で、更に別の職場へ 移る際にも、経験を先駆けて積んでおけば 高待遇で迎え入れられる可能性もあります。 現在はこの在宅医療での服薬指導の仕事を 募集している求人はあまり多くはありません。

ですが、将来的に必ず広まっていくシステムですし、 自分が在宅医療の仕事作りに携わっていきたいという 意気込みを持った方にはとても有意義な仕事だと 思います。

仕事をする中で新しい事も多く、まだまだ発展途上で 学ぶ事も多くあると思います。 チャレンジ精神をお持ちの方はぜひ、 転職先を見つけて頑張ってほしいと思います。