品質保証・品質管理の薬剤師の仕事

メーカーの信用度を保つ重要な存在です!

品質保証・品質管理の薬剤師の仕事

医薬品メーカーでの職種の一つに品質保障・品質管理という職種があります。医薬品の管理や保管業務を行う部門で、医薬品メーカーでは必ずと言っていいほど存在する部門です。ここでも薬剤師は求められている人材です。
http://www.meisterjaeger.org/index-15.html

医薬品メーカーは送り出す医薬品に問題がないように 常に高い基準を設けて、品質の保障を行っています。 品質保証は医薬品の検査を行ったり、検査した後の データのまとめなどの業務を行います。 医薬品というのは非常にデリケートな物です。

少しの成分の違いで患者さんに重大な支障を 与えてしまうというケースも、 最悪の場合起こり得ます。 そういった事がないように正確に検査をするというのは 医薬品メーカーにとって大切な仕事の一環です。 医薬品というのは作るだけで終わらないというのが 難しさの一つです。

やはり知識が求められる職種のため、 薬学を学んで専門知識を一通り学んでいる 薬剤師資格を持っている方は優遇される 傾向があります。 品質保証の仕事に経験がなくても、 薬剤師の資格を持っているだけで 転職に成功できたりもします。

品質保証という仕事はそれだけ重要な仕事という事ですね。 また、品質保証の仕事の特徴として、 「安定している」という面があります。 新薬の開発などの仕事に比べ、想像力やアイデアというよりは、 今ある既存の医薬品を調べていく、という作業が主になるため、 しっかりと丁寧に仕事が出来る事が求められます。

検査の方法を一通り習得すれば、ある程度の仕事はこなせる というレベルになる事ができます。 もちろん、薬剤に関する知識は継続して学んでいけば、 多方面へのキャリアアップにも繋がるので、必要な事ですが、 品質保証の仕事に携わってまずは基本を学ぶというのも 一つの選択肢かもしれません。

収入面でも、専門性の高さから高待遇に なりやすい職種です。 やりがいのある仕事をしながらそれに見合う報酬を 頂く事ができるので、転職を考えている方は 視野に入れて検討してみると良いと思います。