薬剤師の給与は?

収入かやりがいか…職場選びは重要です!

薬剤師の給与は?

薬剤師を目指して大学で勉強している間、資格取得後にどんな職場で 働こうか、ある程度考えている方が多いと思います。 調剤薬局に勤める人や病院薬剤師として働く人、また企業で働く人など 様々です。安定性を求めるのか、やり甲斐を第一に考えるのかなど 人によって仕事に関する考え方は違うので、自分に合った職場を 選ぶことが大切です。

収入面を考えた場合、薬剤師は比較的安定している方だと思います。 資格が必要な職業なので、誰でもなれるわけではありません。 現在は薬剤師が不足気味ですから、資格を持っている人なら 良い条件で迎えてもらえることが多いでしょう。

薬剤師がとくに不足している地域では、給与が他の職種と比べて かなり高くなっていることがあります。 逆に薬剤師の供給が十分足りている地域では、それほど給与が 高くない場合もあります。

もし就職する地域を選ばないのであれば、薬剤師が不足していて 条件の良い所を考えてみるのも良いでしょう。 また今の状況だけではなく、将来的にどうなるのかを考えておく 必要もあります。正社員で定年まで勤めたい場合、安定した職場で あるかどうかも重要なポイントになります。

安定を重要視する場合は、病院薬剤師が良いと言われます。 中小規模の薬局の場合、不況の影響もあって店を閉めて しまうこともあるのです。 もちろん大規模な所でも倒産などの恐れはありますが、病院で働く 薬剤師の場合は比較的安定していると言えるでしょう。

それから、初任給が高くても、その後なかなか給与が上昇して いかないケースもあります。もちろん経験年数に応じて多少は 給与が上がっていくでしょうが、他の職業と比べて上がり方は ゆっくりに感じるかもしれません。

ただ転職した場合は、前の職場での給与が考慮されることが多く、 高い給与をもらっていた場合はいきなり低い給与に下がることは あまり無いようです。

薬剤師になるには大学で6年間学ぶ必要があり、学費もかかります。 就職してからそれを取り戻すことも考えてみると、生涯にわたる 収支は思ったほど高くはないかもしれません。 それでも薬剤師という仕事は安定感がありますから、これからも 人気の職業であり続けるでしょう。