病棟で働く薬剤師に必要な能力

病棟薬剤師として活躍するためには?

病棟で働く薬剤師に必要な能力

薬剤師の仕事は調剤薬局で処方箋にしたがって薬を調剤して 患者に渡すこと。そうイメージする人が多いのかもしれないですね。 でも実際には薬剤師はさまざまな職場で働いていて、病院内の 病棟で働いている場合もあるのです。

以前は病院で働く薬剤師も調剤の仕事をしていましたが、 医薬分業が進み、薬は病院の外で調剤薬局が販売することが 増えてきました。 そのため病院内の薬剤師は調剤の仕事ではなく、病棟業務などを 行うようになったのです。

病院に入院した経験がある方は分かるかもしれませんが、入院患者の 所に薬剤師がやって来て、薬についての説明をすることがあります。 薬は食後に飲んだり食前に飲んだり、種類によって服用の方法が 異なりますし、副作用などの注意事項も伝える必要があります。 それを入院患者に直に伝える役目を薬剤師が担っているのです。

病院に入院している患者は薬が効果的に効き目をあらわしてくれる ことを望んでいるでしょうし、時には薬に不安を抱いている こともあります。 薬剤師が時間をとって詳しく説明してくれると、こうした不安も いくらか和らぐでしょう。こうしたことからも、病棟で働く薬剤師の 役割が重要であることが分かります。

また病棟で勤務する薬剤師は、医師が患者に処方した薬に効き目が あるかどうかを実感することができます。 万が一薬が患者に合わない場合は、医師に伝えて別の薬を処方して もらうことも考えられます。

患者によっては薬を飲むのが苦手だったりして、薬を服用しない 人もいるかもしれません。 病棟ではろいろな患者に対応する必要がありますから、薬剤師には コミュニケーション能力が要求されます。

機械的に説明してただ患者の様子を上辺だけ見ているようでは 医療の効果を上げることは難しくなります。 病棟薬剤師には、調剤薬局に勤務する薬剤師以上のコミュニケーション 能力が必要されると言っても過言ではないでしょう。

もちろん最初はコミュニケーション能力にあまり自信がなくても、 経験を積み重ねていくといろいろなことが身についていきます。 人と接する基本的な能力があり、あとはやる気があれば、病棟薬剤師 として活躍することができるでしょう。